顔を触る人

世界レベルで有名です

女の人

施術の合わせ技を活用する

Le Fortという言語から始まる骨切り施術は、世界的にも最も頻繁に用いられる小顔整形施術です。担当医によって治療工程が細かく違いますが、多くの場合はスプリント法を採用し、術後の骨の移動量を計測していきます。施術費用に加えて模型作成の工程があるので、その分の費用が加算され凡そ5万円程の追加費用の発生を留意しておきましょう。スプリントは中間工程と最終工程の施術結果を模型で作り、そこから骨切り施術後に埋めるプレートの作成を行っていきます。このプレート作成が施術費用の大半を占める事が多く、チタン製のプレートならば1枚の使用で大体10万円の費用がかかります。プレートだけで小顔にできない場合は、チタン製スクリューの使用も考慮され、こちらも1本当たり10万円前後掛かります。ただしLe FortI型骨切り術と下顎枝垂直骨切り術で小顔にする場合は、下顎に挿入する吸収性プレートの使用が必要なる事例もあります。この施術事例の場合はチタンプレート2枚挿入で20万円から30万円、吸収性プレート4枚挿入で40万円から50万円の費用が必要です。吸収性プレートは下顎に使うとチタンプレートよりも違和感がないと評判で、上顎のチタンプレートは噛む力を維持できる高評価が認知されています。もし医師にオトガイ形成術と下顎枝矢状分割法の施術が検討できる場合は、こちらの受診をお勧めします。こちらは挿入するプレート数が5枚と少ないため、費用が50万円に抑えられるメリットが広い範囲で注目を浴びています。特にオトガイ形成術のみで小顔になれるのであれば、さらにプレート数1枚に抑えられるため、きちんと医師の分析結果を聞いておきましょう。評判の高いLe Fort骨切り術ですが、よりバランスの取れた小顔を期待する方は鼻下長短縮術を受診する事例も多く散見されています。この鼻下長短縮術の評判が高い理由は、Le Fort骨切り術で変化した上唇の位置を修正できる事が起因しています。このため鼻下長短縮術を受診すれば、笑顔を見せた際に上顎の前歯が綺麗に見え、他人に魅せる顔の印象が大きく変わります。費用も30万円に安定した形で多くの病院が提案しているので、施術の敷居という点においても高い評価を獲得しています。この影響で小顔施術の同時受診検討範囲として、エラ削りや頬骨削りが考慮され、予算50万円程で高いクオリティを期待できます。さらに口付近の施術になりますが、術後3時間程で日常生活レベルの食事を楽しめるので、生活に支障がでない点も高評価のポイントになっています。